狙うは仕手株!

仕手株の仕組みと今後の狙い目を調査。この先、どのような動きを見せるのか仕手株市場を把握していく必要があります。ぜひ当サイトを参考にして仕手株について学んでいきましょう!

有名仕手株リストによく登場する蝶理という会社

最近のアベノミクスの影響で証券市場が活況を呈しています。
最近では円安効果も相まって、益々、個人投資家を巻き込んでの上昇相場を演出しています。
株式投資の世界では昔から仕手という投機集団が存在し、仕手株投資という手法も存在し、銘柄もリストアップされています。
彼らは相場の世界において非常に重要な役割を果たします。
仕手集団は多額の資金を利用して、安値となっている銘柄を市場関係者や個人投資家が気づいていない間に密かに買い占めます。
その後、大きな買いの注文を入れる事で株価を大きく上昇させます。
そのタイミングになると株式関係の雑誌や新聞の注目を集めます。
そのあたりで個人投資家は買いを入れます。
そのタイミングを見計らって、仕手は更に大きな買いを入れ、相場を盛り上げます。
利益を取る可能性が有るのはこのタイミングまでに購入した人達です。
ここから先はババ抜きゲームの始まりです。
この段階で、仕手集団は既に大きな利益を確定させていますのでここから先は大量に売り抜けを図ってきます。
株価は天井を打ち、仕手の利食い売りや、損失を出した人間の投げ売りで相場は一気に崩れます。
高値で掴んだ投資家は一刻も早く逃げなければ大きな損失を蒙ります。
このようにな突然且つ短期的な株価の高騰や暴落があった場合、多くは仕手集団が関与しているケースが多いです。
その実態ははっきりしていませんが、多くの資金を独自ルートで調達し、相場の世界で暗躍しています。
このような仕手に翻弄される仕手株リストの一つに蝶理という会社があります。
蝶理は東京証券取引所1部上場の会社です。
日本に古くから、老舗の繊維を中心に取り扱う商社ですが、最近では本業よりもこのような仕手株の銘柄としてリストアップされ、蝶理という名前は投資家に広くその存在を知られている会社です。

■お得に株取引したいならこのブログを見るべし
ボロ株への投資はメリットが多い