仕手株の仕組みと今後の狙い目を調査。この先、どのような動きを見せるのか仕手株市場を把握していく必要があります。ぜひ当サイトを参考にして仕手株について学んでいきましょう!

仕手株は日経平均株価ではなくリアルタイム株価に注目

「仕手株」とは、「仕手」とも呼ばれるある資金を持ったグループが、人為的に作られた相場で短期間に利益を上げるために、投機的な取引の対象になりやすい株式の事です。主にひと株500円から300円以下の株価の低い「ボロ株」とも言われる低位株で、優良企業より賛否両論あるような不人気な銘柄がターゲットになる事が多いです。
よくニュースなどで発表される「日経平均株価」とは、東証一部上場企業のうち、特に活発で優良な225銘柄を特殊な株式方式を基にした計算方法で修正平均を算出した経済指数です。他にも経済指数はありますが、日経平均株価は日本を代表する経済指標であり、投資家だけでなく、政治家からサラリーマンまで幅広いひとがこの指数を注目しています。そしてこの225銘柄に選ばれるという事は、日本を代表する企業になったと言っても過言ではありません。
よって、仕手株は不人気な株なので、日経平均株価の対象となるような優良銘柄のリアルタイム株価見ていても、仕手戦と呼ばれる仕手株の相場に参加する事はできません。参加するには、日頃から仕手株のターゲットになりそうな、不人気な銘柄、例えば経営状態の悪い企業の株や、新興企業で評価が厳しい株などのリアルタイム株価を日々チェックするのが重要です。
仕手株は水面下で買い集め、わざと売り注文をし、自ら買い集める事で株式を高騰させていきます。実際仕手戦が行われた銘柄のリアルタイム株価を見てみると、凪のような株式チャートが噴泉のごとく高騰し、また凪いでいきます。自身が高騰させて注目を集め、投資家が乗ったところで売り抜けるのが仕手の手口です。仕手が儲けを得るのはもちろんですが、投資家側もうまく売り抜ける事ができれば多くの利益を得る事ができます。ただし、チャートを見ての通り、タイミングを間違えると儲けどころかボロ株が手元に残るだけになりますので、参加する時は細心の注意が必要になります。